2011年04月24日

お花畑

110423_1439~01.jpg

昨日は義父の一周忌でした。
レッドアローで西武秩父駅へ。西武秩父線の御花畑駅を抜けて線路沿いを歩くと、義父が眠る寺があります。
久々に親族が集まって酒を交わしました。。朝から小雨が続きましたが、昼過ぎには日が差して良い天気です。
帰りは再びレッドアローで池袋駅へ。車窓に映る芝桜を眺めながら爆睡しました。
仕事の方はあいかわらず多忙ですが、「忙」とは「心」を「亡」くすこと。義父の遺志を継ぎ、何事にも逃げずに向かっていきたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

幸福の黄色いハンカチ

ピクチャ(jpg)030.jpg

昨日は第10回「こども落語教室」。新しい生徒さんがまた一人増えました。

その後、家族は出掛けましたので、家で一人、先日録画しておいた「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」を観ました。
「駅」でも共演した高倉健、倍賞千恵子のコンビは最強ですね。
ネタバレになるかも知れませんが、最後の再会は、倍賞さんが健さんの鞄を手に取り、寄り添うように家に入る二人がロングショットで映し出されます。
絶叫も抱擁もないこのラストシーンは、昔の私ならきっと物足りなかったことでしょう。
でも、今は「ただいま」「おかえりなさい」という二人の会話が聞こえるようで、深く静かに心に染みます。

そういえば、「こども落語教室」で「間(ま)」が大切であることを教えました。
万感の思いは沈黙の中にこそあるのかも知れません。
posted by 葵家 金太郎 at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

こどもの日

110409_1703~02.jpg

あいかわらず、週末はあっという間に過ぎました。

土曜は、息子の剣道の父母会。
役員の改選があり、会長の任期は二年ということで再任されました。あと一年、宜しくお願いします。

土曜の夜は、ご近所のパパ友に招かれて、ホームパーティー。
器用なパパ友のお料理に、ただ舌鼓を打つだけの不器用なパパ。

日曜は、娘の合唱団のチャリティーコンサート。
青山劇場の前には、たくさんのこいのぼり。来月はこどもの日ですね。

わが家は毎週、こどもの日。
posted by 葵家 金太郎 at 06:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

酒とジャズの日々

ピクチャ(jpg)029.jpg

金曜の夜、いつものようにU君と、これまたいつものように神田小川町で飲みながら、今日は新規開拓をしようかと、前々から気になっていた店に飛び込みました。

Jazz Bar「Gugan」

地下一階に降りて扉を開けると、カウンターには、五十過ぎと思しきヒゲのマスターと、同年代らしき男性客。二人に会話はなく、JBLのスピーカーからジャズが流れているだけ。
アードベッグをロックで頼み、マスターとあれこれ話した後、図々しくも、私にとって思い出の名盤「ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン」をリクエストしました。
半世紀近く前の録音とは思えないほど、コルトレーンのサックスとハートマンのボーカルの圧倒的な色気は全く衰えず、むしろ年を重ねたからこそ、身体に染み入るようで、久々に至福の時を過ごしました。

ちなみに、「酒とジャズの日々」というのは、この店を舞台に書かれた本のタイトルです。店に置いてあったので、お土産に買って帰宅。次は何をリクエストしようかな。
posted by 葵家 金太郎 at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

停電の夜に

ピクチャ(jpg)057.jpg

東日本大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

今日は、今年度の最終営業日。昨年10月、営業から離れたので、例年のような慌ただしさはありませんが、やはり営業支援の立場として、同じような緊張感を覚えます。

さて、今朝のテレビでは、停電の夜に家族でどう過ごすか?という街頭インタビューに、カードゲームやら、歌やら、家族団欒につながったという前向きな声が寄せられていたようです。

たまたま先月読んだのは、ジュンパ・ラヒリ著の「停電の夜に」。著者はこの短編集でO・ヘンリー賞等を獲得されたそうです。
表題の短編は、初めての子供を亡くした夫婦が、毎日決まった時間帯に停電となった自宅で、打ち明け話を重ねていくというもの。

ネオンの消えた都心の夜。でも、これで生活できるのだから、これまでが明るすぎたのかも知れません。

今この瞬間でも、大変なご苦労をされている皆様がいます。親を亡くした子供たちがいます。
ちっぽけな見栄を捨て、自分に何ができるか、できることから一つずつ行動していきたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 05:48| 東京 ☁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

救援物資

110318_1549~0001.jpg

わが家に救援物資が届きました。金沢にいた頃、幼稚園でご一緒したママ友から送られてきたそうです。

ありがとうございます!

でも…このまま、被災地のみなさんに送りたい!

新潟中越地震で、着の身着のまま家を飛び出した両親。生家は無くなり、喪失感に苛まれる年月がありました。あれから6年。両親はいま金沢で静かに暮らしています。

被災地のみなさん、必ずや平和な日がやってくると信じています!

そして、子供たちへ。この試練を乗り越えたキミたちは、きっときっと逞しい大人になるでしょう。
posted by 葵家 金太郎 at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

TPO

ピクチャ(jpg)031.jpg

スーツスタイルを決める上で大切なのは、その場に相応しいコーディネートであると思います。最近はあまり耳にしませんが、いわゆる‘TPO’というものです。

昨日はチャコールグレイの無地のスーツ、白無地のシャツにマイクロドットの黒のタイを合わせました。靴は黒のストレートチップです。

今週、一週間のコーディネートは、黒、紺、グレイに揃えました。

信じがたいことに、昨日、ピンクのタイやシャツを装う人もいるのです。

品格を知るのはそんな時です。

画像は、グレゴリー・ペック。グレイのスーツが似合いますね。
posted by 葵家 金太郎 at 08:45| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震

20110312-00000005-maip-000-1-view.jpg

新潟中越地震で生家を無くした私にとって、地震には特別な思いがあります。

昨日、私は新横浜駅におりました。
JRは新幹線、在来線ともに停電のため再開の見込みが立たず。地下鉄も運行中止。
仕方なく同行の社員と、新横浜駅に隣接するビックカメラのテレビ売り場へ行き、画面に繰り広げられる惨状をひたすら観ていました。

家族の無事も判明したので、「これは長期戦になるだろう」と覚悟し、夕食を済ませた後、20時頃にJRの改札へ行くと、ちょうど東京駅まで新幹線が出発するとのこと。
あわてて改札を抜けて、新幹線に飛び乗りました。在来線と変わらないスピードでしたが、ただただラッキーでした。

しかし、東京駅に着いたものの、全てのJR、地下鉄がストップし、あたりには溢れかえる人、人、人。

茗荷谷の自宅まで歩き始めましたが、今日に限ってコートを置いてしまい、あまりの寒さに小川町にある支社で一旦休憩。
支社には、帰宅できない社員が待機していました。

そこで、都営三田線の運行開始を知り、神保町まで歩き、満杯の電車で春日へ。
それからひたすら春日通りを歩き、ようやく自宅に辿り着くことができました。

大変な一日でしたが、こんなことは被災者の苦しみに比べれば些細なことです。

被災地の皆様にお見舞いを申し上げますとともに、亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
posted by 葵家 金太郎 at 15:13| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

不正入試

20081229_1317_0000001.jpg

最近、世間を騒がせている不正入試。
久々に母校の名前を聞いたと思ったら、何ともお粗末な話です。

ネット上に英語の和訳と英訳が出ていましたね。
私の記憶では、確か英語の試験問題は、長文の和訳が二問、長文の英訳が二問のわずか四問だったように思います。単なる記憶力ではなく、翻訳のセンスで勝負する試験が好きでした。

これも記憶ですが、受験ではいくつか知らない単語もあったように思い出します。私のような者を受け入れてくれた母校に今さらながら感謝しています。

不正入試は本当に悲しいことです。憤りさえ覚えます。
いろいろ思うことがあって、ここでは書ききれませんが、長い人生の中で迎える、一つの貴重な経験を、自ら汚すことはないでしょう。

携帯電話もYahoo!もなかった二十年前の受験生は、ただただ経過を見守るばかりです。
posted by 葵家 金太郎 at 06:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

ニーチェ

ピクチャ(jpg)027.jpg

私、何を隠そう(ナニは隠そう。)若かりし頃は哲学青年でありました。
哲学科を専攻するつもりで大学の文学部へ入学。(のち、すっかり世俗にまみれて法学部に転部。)

「ソ、ソ、ソクラテスか、プラトンか〜、ニ、ニ、ニーチェか、サルトルか〜♪」と歌いながら、み〜んな悩んで大きくなったのであります。

さて、あれから20年余り。今や不良中年となった私が本屋さんで目にしたのは懐かしき「ニーチェ」。

かつて読んだ「ツァラトゥストラ」。

私は「獅子」になったのだろうか。「駱駝」にあるのだろうか。

「幼子」への道は遠かろう。
posted by 葵家 金太郎 at 14:57| 東京 ☁| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。