2011年05月29日

負けるのは美しく

ピクチャ(jpg)021.jpg

先日亡くなられた児玉清さん。紳士という言葉が相応しい数少ない俳優の一人だったと思います。

昨日、児玉さんの自叙エッセイ集「負けるのは美しく」を読み終えました。
温和な風貌や物腰とは想像もつかない、反骨精神にあふれた若かりし頃。それ故に映画会社や監督とぶつかり、冷飯と苦汁を味わった日々。

「足を踏み入れたとたんに馬鹿にされ、どうにもそれが口惜しく、それだけで俳優の世界に踏みとどまってしまった…」
「…どうせ負けるのなら、美しく負けよう。このことにこだわっていれば、もしかしたら、嬉しい勝ちの日を迎えられるかもしれない。いやこれは冗談だが、すべては負け方にあり、負け方にこそ人間の心は現れる、としきりに思うことで、心が静まったのだ」

こうして信念を貫いた、児玉さんの人生の勝ち負けは、今さら言うまでもないでしょう。

私も来月また一つ歳を重ねます。振り返れば恥の上塗りばかりの半生ですが、「負けるとも美しく」と心に刻みました。

歩みは遅いかも知れませんが、児玉さんのような60代、70代を目指して、まだまだ、まだまだ精進します。一歩、一歩…。
posted by 葵家 金太郎 at 12:15| 東京 ☔| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

ニューヨーク・スケッチブック

ピクチャ(jpg)036.jpg

映画「幸福の黄色いハンカチ」の原作となった「黄色いハンカチ」を含む短編集。
ピート・ハミルの「ニューヨーク・スケッチブック」です。

先日映画を観たあと、原作が読みたくなり、さっそく購入しました。

一つ一つの短編がまるでセピア色の映画のように仕上がっています。
大切に味わって読みたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 18:43| 東京 ☀| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

停電の夜に

ピクチャ(jpg)057.jpg

東日本大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

今日は、今年度の最終営業日。昨年10月、営業から離れたので、例年のような慌ただしさはありませんが、やはり営業支援の立場として、同じような緊張感を覚えます。

さて、今朝のテレビでは、停電の夜に家族でどう過ごすか?という街頭インタビューに、カードゲームやら、歌やら、家族団欒につながったという前向きな声が寄せられていたようです。

たまたま先月読んだのは、ジュンパ・ラヒリ著の「停電の夜に」。著者はこの短編集でO・ヘンリー賞等を獲得されたそうです。
表題の短編は、初めての子供を亡くした夫婦が、毎日決まった時間帯に停電となった自宅で、打ち明け話を重ねていくというもの。

ネオンの消えた都心の夜。でも、これで生活できるのだから、これまでが明るすぎたのかも知れません。

今この瞬間でも、大変なご苦労をされている皆様がいます。親を亡くした子供たちがいます。
ちっぽけな見栄を捨て、自分に何ができるか、できることから一つずつ行動していきたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 05:48| 東京 ☁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

ニーチェ

ピクチャ(jpg)027.jpg

私、何を隠そう(ナニは隠そう。)若かりし頃は哲学青年でありました。
哲学科を専攻するつもりで大学の文学部へ入学。(のち、すっかり世俗にまみれて法学部に転部。)

「ソ、ソ、ソクラテスか、プラトンか〜、ニ、ニ、ニーチェか、サルトルか〜♪」と歌いながら、み〜んな悩んで大きくなったのであります。

さて、あれから20年余り。今や不良中年となった私が本屋さんで目にしたのは懐かしき「ニーチェ」。

かつて読んだ「ツァラトゥストラ」。

私は「獅子」になったのだろうか。「駱駝」にあるのだろうか。

「幼子」への道は遠かろう。
posted by 葵家 金太郎 at 14:57| 東京 ☁| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

品格

ピクチャ(jpg)015.jpg

何年か前に「女性の品格」という本が話題になりましたね。
今日、豊洲で映画を観た後に立ち寄った本屋さんで、「男の品格」という本を見つけました。
まあどうせ、したり顔の教本だろうと、とりあえず立ち読みでパラパラとページをめくったのですが、印象に残る言葉がありました。

@媚びない
A愚痴らない
B威張らない

この言葉は、これまでも私の胸にありましたので、ドスンと肚に落ちました。
「品格」とは程遠い私ですが、せめてこの三点だけは、これからも信条としていきたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 18:20| 東京 🌁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

チーズはどこへ消えた?

ピクチャ(jpg)023.jpg

本社へ異動してから、代理店さんから掛かってきた週末の電話がピタリと止んでしまいました。
ちょっと寂しいです。

最近の週末は、昔読んだ本をまた読み返しています。

「チーズはどこへ消えた?」…懐かしいでしょ?

ひと言で言うと、「変化を恐れるな!」かな?

手に入れたチーズにいつまでもしがみつく小人「ヘム」と「ホー」。
何だか、日本のどこかの大企業のような…(*_*)

う〜ん、考えさせられますね!

さて、今度の土曜日は久々の「こども落語教室」です。
生徒が二人増えるらしい。
楽しみです(^o^)
posted by 葵家 金太郎 at 09:45| 東京 ☁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。