2014年01月26日

靖国神社

息子と二人で参拝した靖国神社。
DSC_0027-93c39.jpg DSC_0038-8cdf1.jpg
拝殿の社頭掲示は何と同郷の新潟県柏崎市出身の陸軍上等兵の遺書でした。
あまりの偶然に胸が熱くなりました。
DSC_0041-e5549.jpg DSC_0047-db303.jpg

「書き遺す事

陸軍上等兵 吉野浩藏命
昭和二十一年一月三十日
ソ連シベリヤセミノフカ地区
第十二収容所にて戦病死
新潟県柏崎市比角出身 二十一歳

此の期に及んで何も書き遺す事も御座なく候へども、此の世の名残に一筆書き残し候。
万一小生戦死の報行くも、小生は欣然(きんぜん)として国難に殉じ、笑って帝国の礎石となり候間、決して嘆く間敷(まじく)候。
顧れば生を受けてより二十年、只御厄介になるのみにて、何一つとして親孝行も致さず、今更ながら後悔の外無之(これなく)候。
然しながら忠孝一本とか君に忠なる事、即ち親に孝と存じ候。
我軍の戦況、愈々不利に相成候へども、小兵等は日本の国民として情勢の如何に拘らず全力を尽して、自己の任務に邁進すべきと存じ候。
夜青白き月光の木陰よりもるゝを見れば、想ひは遠く故郷の空にはしり申し候。
小生の亡き後も皆様には、帝国軍人の遺族として見苦しき事のなきやう、勝利の日迄仇敵米英の撃滅に邁進致され度候。
簡単乍(なが)ら右を以て遺書と致し候。

昭和二十年六月二十一日 十四時
箇山(済南の南約十五里)にて
雨の音を聞きつゝ

吉野浩藏」
posted by 葵家 金太郎 at 16:07| 東京 ☀| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこのおっさん?

「ただいま!」
DSC_0016-d248c.jpg
「………」
DSC_0017-1ca72.jpg
「どこのおっさん?」
DSC_0015-0fd20.jpg
posted by 葵家 金太郎 at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

落語入門22〜試し酒〜

忘新年会シーズンも一段落。昔に比べると酒も弱くなりました(>_<)。世の中には相当お強い方もいるようで…。

ある大店の旦那。客の近江屋と酒呑み話。
お供で来た下男の久造が大酒呑みで、一度に五升呑むと聞き、旦那はとても信じられないと言い争い。
挙げ句、二人で賭けをする。
もし、久造が五升呑めなかったら、近江屋が二、三日どこかに招待してご馳走する。

久造は渋っていたが、呑めなければ近江屋が恥をかき、さらに散財しなければならないと聞いて、
「ちょっくら待ってもらいてえ。おら、少しべえ考えるだよ」
と、表へ出ていったまま帰らない。

さては逃げたかと、近江屋の負けになりそうになった時、やっと戻ってきた久造。
「ちょうだいすますべえ」

一升入りの盃で五杯、息もつかさずあおってしまった。
旦那はすっかり感服して小遣いをやったが、やっぱり悔しいので、
「さっき表へ出たのは、 酔わない工作でもしに行ったんだろう」
「いやあ、何でもねえだよ。おらァ五升なんて酒ェ呑んだことがねえだから、心配でなんねえ。表の酒屋へ行って、試しに五升呑んできた」m(__)m
posted by 葵家 金太郎 at 02:02| 東京 ☀| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

落語入門21〜長屋の花見〜

寒い日が続きますね。せめて落語は春の噺を。

貧乏長屋の一同が、朝そろって大家に呼ばれた。みんなてっきり店賃の催促だろうと思って戦々恐々。
何しろ、入居してから十八年も店賃を入れてない奴もいれば、親父の代から払ってない奴もいる。
もっとすごい奴は「店賃てな、何だ?」

おそるおそる行ってみると大家は、
「うちの長屋も貧乏長屋なんぞと言われているが、景気をつけて貧乏神を追っぱらうため、ちょうど春の盛りだし、みんなで上野の山に花見としゃれ込もう」
さらに、酒も一升瓶三本用意したと聞いて、一同大喜び。

ところが、これが実は番茶を煮だして薄めたもの。色だけはそっくり。
お茶(ちゃ)けでお茶(ちゃ)か盛り。

玉子焼きと蒲鉾の重箱も、
「本物を買うぐらいなら、無理しても酒に回す」
と大家が言うとおり、中身はたくあんと大根。

まあ、向こうへ行けば財布ぐれえ落ちてるかもしれねえと、情なくもさもしい了見で出発した。

初めから意気があがらないことはなはだしく、ようやく着いた上野の山。
桜は今満開で、大変な人だかり。

一つみんな陽気に都々逸(どどいつ)でもうなれと、大家が言っても、お茶けでは盛り上がらない。
「熱燗をつけねえ」
「なに、焙じた方が」
「何を言ってやがる」

「蒲鉾」を食う段になると、
「大家さん、あっしゃあこれが好きでね。毎朝味噌汁の実に使います。胃の悪いときには蒲鉾おろしにしまして」
「何だ?」
「練馬の方でも、蒲鉾畑が少なくなりまして。うん、こりゃ漬けすぎで酸っぺえ」

玉子焼きは
「尻尾じゃねえとこをくんねえ」

大家が熊さんに、お前は俳句に凝ってるそうだから、一句どうだと言うと
「花散りて死にとうもなき命かな」
「長屋中歯をくいしばる花見かな」
陰気でしかたがない。

大家が月番に、お前はずいぶん面倒見てるんだから、景気よく酔っぱらえと命令すると、やけくそで
「酔ったぞっ。俺は酒飲んで酔ってるんだぞ。貧乏人だって馬鹿にすんな。借りたもんなんざ利息をつけて返してやら。悔しいから店賃だけは払わねえ」
「悪い酒だな。どうだ。灘の生一本だ」
「宇治かと思った」
「口あたりはどうだ?」
「渋口だ」
酔った気分はどうだと聞くと、
「去年、井戸へ落っこちたときとそっくりだ」

すると、一人が湯飲みをじっと見て、
「大家さん、近々長屋にいいことがあります」
「そんなことが分かるかい?」
「だって、酒柱が立ちました」m(__)m

大家さんと長屋連中の絆が微笑ましいですね。ぜひ心の中まで暖まって下さい。
posted by 葵家 金太郎 at 10:07| 東京 ☀| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

落語入門S〜尻餅〜

前回の『目薬』に続き、何とも微笑ましい夫婦が登場する『尻餅』です。

大晦日。八五郎の家では夫婦喧嘩の真っ最中。
近所では餅つきの音。正月の支度をしているのに、八五郎の家は貧乏で餅もつけない。
「長屋の手前、餅つきの音だけでも聞かせてほしいのよ」
「そう言われてもなぁ…」
八五郎の頭に妙案がひらめいた。
「何とかしてやる。その代わり何をやっても文句言うなよ」

夜になって、八五郎は子供が寝たのを見計らい、外に出ると、聞こえよがしに大声で
「え〜餅屋でございます。八五郎さんのお宅はここですな」
何と近所に聞こえるよう、餅屋が来てから、餅をつくまで、全て音だけで再現するらしい。

「あ〜餅屋さん、ご苦労様」
「ご祝儀ですか。親方、毎度ありがとうございます」
子供にお世辞を言う場面まで、一人二役の大奮闘。

「そろそろお餅をつきます」
(おっかあ、臼を出せ)
(そんなもの、うちにないわよ)
(お前の尻だよ、お尻を出せ!)
餅屋になって「臼をここへ据えて。では始めます」
(白い尻だなあ)
(あんた!何を言ってるんだい)

いやがるおかみさんに着物をまくらせ、手に水をつけて、お尻をペッタン、ペッタン…
「ヨイショ、コラショ、ヨイヨイヨイ! アラヨ、コラヨ」
おかみさんのお尻はまっ赤っ赤。
「そろそろつき上がったな。それ、こっちへ空けるぞ」
(ひと臼ついたつもり…と)
「さて、ふた臼目」

おかみさんがたまりかねて、
「餅屋さん、あと幾臼あるの?」
「へぇ、あとふた臼でしょうか」
「お前さん、餅屋さんに頼んで、あとのふた臼は…おこわにしてもらっとくれ」m(__)m
posted by 葵家 金太郎 at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

障がい者

十年程前、突発性難聴を患ってから、左耳の難聴と耳鳴りに付き合っています。
疲れがたまった時は特に症状が激しくなるのですが、見た目で分からないのが、ちょっと辛いところです。
「障がい者」という言葉を聞くと、思い出す光景があります。
文京区大塚の自宅の近くに筑波大附属の盲学校があり、護国寺駅で生徒たちに出会います。
その日見たのは、お互い片手に杖を持ち、談笑しながら寄り添って歩くカップルでした。
とても幸せそうでした。世界一幸せに見えました。
障がい者は健常者の「鏡」だと思っています。
そこに映る自分もまた、ささやかな幸せをかみしめることができる人間でありたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 00:34| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

寝台列車

高校三年生の頃、身の程知らずにも、志望校であった母校を受験した試験当日、一足早く京都に前泊した私に付き添うため、故郷・柏崎から親父が一人、寝台列車に乗って来ました。
ところが、その朝、せっかく来てくれた親父に会ったとき、ちょっと酒臭かっただけで、世間知らずな当時の私は、ものすごく怒ってしまったのを、今でも申し訳ないと思っています。

あの夜、親父はどんな思いで、柏崎から京都まで、息子の受験を見届けに来たのだろうか?
寝台列車に揺られながら、酒を飲まずにいられなかったのではなかったか?

ついに親父に尋ねることは叶いませんでしたが、今でも寝台列車を見ると、あの頃を思い出しながら、胸が痛くなるのです。親父、ごめんね。
 GRP_0920.JPG
posted by 葵家 金太郎 at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武道始式

大塚警察署の武道始式に来賓として出席しました。少年柔剣道会の会長として出席するのはこれが最後と思うと、ちょっと感慨深いものがあります。
DSC_1519-f75b1.jpg
四年前に初めて出席した時は本人も来賓という自覚がなく、ずっと一般席に座ってましたf(^_^;。さすがに四年目となると、ちゃんと席も用意してあります。
DSC_1518-62bac.jpg
署長、文京区長の挨拶、署員の高点試合の他、少年剣道の子供たちも紅白試合を行いました。最後は全員で署歌を合唱。四年目ともなるとちゃんと歌えるから不思議。みんなおつかれさまでした(*^^*)
DSC_1517-3816a.jpg
posted by 葵家 金太郎 at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

落語入門R〜目薬〜

大河ドラマ『軍師官兵衛』が始まりました。黒田家秘伝の「目薬」にちなんで『目薬』という艶笑落語をどうぞ。

目を患った亭主のために、女房が薬屋で買った薬を開けてみると何と粉薬。
不思議に思って裏を見たら、何か書いてあるが、二人とも字が読めない。「こ・の・こ・な・く・す・り・は…」
何とか平仮名は読めたが、この次が漢字。
「こりゃ何て字だ」「お前さん、これは湯屋の女湯にある字だよ」
「そうか!女、という字か…」
「おんな、しりにつけて、もちうべし」
古い字で『め』と言う字を『女』と読んでしまい、「目尻」を「女の尻」と勘違い。
女房に尻を出させて、そこに薬をつけた。
「ちょいとお前さん、何であんたの目を治すのに、あたしの尻に薬をつけるのさ?」
「そう書いてあるから仕方ないだろ!女はお前しかいないんだから…」
亭主は女房の尻に顔を近づける。
女房はくすぐったくて、思わず…プーッと一発。
「バカヤロー!いきなりするから、薬が全部オレの目に…そうか、こうやってつけるのか!」m(__)m

夫婦のやりとりが微笑ましい。似たようなネタに『尻餅』という落語もありますが、また今度。
posted by 葵家 金太郎 at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再開

あけましておめでとうございます。葵家 金太郎です。すっかりごぶさたしましたが、今年から再開したいと思います。
とはいえ、肩肘張らずユルユル続けますので、宜しくお願いいたします。
posted by 葵家 金太郎 at 13:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。