2011年04月26日

ニューヨーク・スケッチブック

ピクチャ(jpg)036.jpg

映画「幸福の黄色いハンカチ」の原作となった「黄色いハンカチ」を含む短編集。
ピート・ハミルの「ニューヨーク・スケッチブック」です。

先日映画を観たあと、原作が読みたくなり、さっそく購入しました。

一つ一つの短編がまるでセピア色の映画のように仕上がっています。
大切に味わって読みたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 18:43| 東京 ☀| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

お花畑

110423_1439~01.jpg

昨日は義父の一周忌でした。
レッドアローで西武秩父駅へ。西武秩父線の御花畑駅を抜けて線路沿いを歩くと、義父が眠る寺があります。
久々に親族が集まって酒を交わしました。。朝から小雨が続きましたが、昼過ぎには日が差して良い天気です。
帰りは再びレッドアローで池袋駅へ。車窓に映る芝桜を眺めながら爆睡しました。
仕事の方はあいかわらず多忙ですが、「忙」とは「心」を「亡」くすこと。義父の遺志を継ぎ、何事にも逃げずに向かっていきたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

幸福の黄色いハンカチ

ピクチャ(jpg)030.jpg

昨日は第10回「こども落語教室」。新しい生徒さんがまた一人増えました。

その後、家族は出掛けましたので、家で一人、先日録画しておいた「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」を観ました。
「駅」でも共演した高倉健、倍賞千恵子のコンビは最強ですね。
ネタバレになるかも知れませんが、最後の再会は、倍賞さんが健さんの鞄を手に取り、寄り添うように家に入る二人がロングショットで映し出されます。
絶叫も抱擁もないこのラストシーンは、昔の私ならきっと物足りなかったことでしょう。
でも、今は「ただいま」「おかえりなさい」という二人の会話が聞こえるようで、深く静かに心に染みます。

そういえば、「こども落語教室」で「間(ま)」が大切であることを教えました。
万感の思いは沈黙の中にこそあるのかも知れません。
posted by 葵家 金太郎 at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

こどもの日

110409_1703~02.jpg

あいかわらず、週末はあっという間に過ぎました。

土曜は、息子の剣道の父母会。
役員の改選があり、会長の任期は二年ということで再任されました。あと一年、宜しくお願いします。

土曜の夜は、ご近所のパパ友に招かれて、ホームパーティー。
器用なパパ友のお料理に、ただ舌鼓を打つだけの不器用なパパ。

日曜は、娘の合唱団のチャリティーコンサート。
青山劇場の前には、たくさんのこいのぼり。来月はこどもの日ですね。

わが家は毎週、こどもの日。
posted by 葵家 金太郎 at 06:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

酒とジャズの日々

ピクチャ(jpg)029.jpg

金曜の夜、いつものようにU君と、これまたいつものように神田小川町で飲みながら、今日は新規開拓をしようかと、前々から気になっていた店に飛び込みました。

Jazz Bar「Gugan」

地下一階に降りて扉を開けると、カウンターには、五十過ぎと思しきヒゲのマスターと、同年代らしき男性客。二人に会話はなく、JBLのスピーカーからジャズが流れているだけ。
アードベッグをロックで頼み、マスターとあれこれ話した後、図々しくも、私にとって思い出の名盤「ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン」をリクエストしました。
半世紀近く前の録音とは思えないほど、コルトレーンのサックスとハートマンのボーカルの圧倒的な色気は全く衰えず、むしろ年を重ねたからこそ、身体に染み入るようで、久々に至福の時を過ごしました。

ちなみに、「酒とジャズの日々」というのは、この店を舞台に書かれた本のタイトルです。店に置いてあったので、お土産に買って帰宅。次は何をリクエストしようかな。
posted by 葵家 金太郎 at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。