2011年02月24日

ニーチェ

ピクチャ(jpg)027.jpg

私、何を隠そう(ナニは隠そう。)若かりし頃は哲学青年でありました。
哲学科を専攻するつもりで大学の文学部へ入学。(のち、すっかり世俗にまみれて法学部に転部。)

「ソ、ソ、ソクラテスか、プラトンか〜、ニ、ニ、ニーチェか、サルトルか〜♪」と歌いながら、み〜んな悩んで大きくなったのであります。

さて、あれから20年余り。今や不良中年となった私が本屋さんで目にしたのは懐かしき「ニーチェ」。

かつて読んだ「ツァラトゥストラ」。

私は「獅子」になったのだろうか。「駱駝」にあるのだろうか。

「幼子」への道は遠かろう。
posted by 葵家 金太郎 at 14:57| 東京 ☁| Comment(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

芸名

ピクチャ(jpg)018.jpg

昨日は第9回の「こども落語教室」。
前回の「こども寄席」でがんばったお弟子さん達に、約束通り芸名を付けました。

茗荷(みょうが)
金時(きんとき)
有楽(ゆうらく)
華る美(かるび)
奏(かなで)
祭(まつり)
苺(いちご)
弓月(ゆづき)
小馬(こうま)

一人一人の本名、性格、好物や趣味等を踏まえながら、ああでもない、こうでもないといろいろ考えて決めた芸名です。

ちなみに、最初の「茗荷」だけは、実際に落研の先輩にいます。茗荷谷に住み、忘れ物が多い私の娘に付けました。(先輩、お名前をいただき、どうぞお許し下さい。)
最後の「小馬」は乗馬が趣味の女の子なので、「ポニー」と読ませようと思いましたが、本人は「こうま」が良いとのこと(^o^)

私は落研の頃、たった一人の弟子が中途で退部してしまい、結局弟子がいません。
まさか、この歳になってこんなに弟子ができるとは夢にも思いませんでした。

いつか「葵家金太郎一門会」を開きたいですね(^-^)v

画像は、昨日の教室で紹介した古典落語の名作「芝浜」。学生時代に寄席で観た立川談志師匠の熱演を思い出します。
posted by 葵家 金太郎 at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

恋愛適齢期

ピクチャ(jpg)016.jpg

先週、ひっさしぶりに妻と二人で映画を観に行きました。ご存じ、マイケル・ダグラスの「ウォール・ストリート」です。
ハッピーエンド(バブルを予感させるのはおそらく皮肉かな)にはやや拍子抜けでしたが、ゴードン・ゲッコー健在で満足しました。

そして、単純な私はあっという間に映画のスイッチが入ってしまい、これまたひっさしぶりにTSUTAYAでDVDを借りまくりました。
「恋愛適齢期」「第9地区」「アイアンマン2」「シカゴ」。
実は「恋愛適齢期」は観たことがあるのですが、ジャック・ニコルソンが大好きなので、また観てしまいました。やっぱり良かった。

マイケル・ダグラスもジャック・ニコルソンも声が良いですね。声と言えば、ケビン・ベーコンも好きです。

私も声「は」良いと言われたことがあります。「は」は余計ですが。
posted by 葵家 金太郎 at 21:56| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

110215_2205~01.jpg

最近、酒の味が変わりました…歳かな。
何というか…美味しい。
仕事帰り。神田小川町の「GOOD ONE」にて。マスターと共に。
posted by 葵家 金太郎 at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

品格

ピクチャ(jpg)015.jpg

何年か前に「女性の品格」という本が話題になりましたね。
今日、豊洲で映画を観た後に立ち寄った本屋さんで、「男の品格」という本を見つけました。
まあどうせ、したり顔の教本だろうと、とりあえず立ち読みでパラパラとページをめくったのですが、印象に残る言葉がありました。

@媚びない
A愚痴らない
B威張らない

この言葉は、これまでも私の胸にありましたので、ドスンと肚に落ちました。
「品格」とは程遠い私ですが、せめてこの三点だけは、これからも信条としていきたいと思います。
posted by 葵家 金太郎 at 18:20| 東京 🌁| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

節分

110203_2040~0001.jpg

あいかわらず残業。
今年の節分は帰宅が間に合わず。
代わって娘が鬼の役だったとか。
福は内。鬼も内。
posted by 葵家 金太郎 at 02:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。