2007年09月26日

誕生日&敬老の日。

070916_1842~01_0001.jpg

ちょっと前の話ですが‥。
先々週の金曜は父の誕生日。敬老の日につながる三連休を利用して両親と金沢へ出掛けました。
そして、尾張町「まつ本」さんで誕生祝い。サザエ、甘エビの刺身、のど黒の唐蒸しに牛のすき焼き‥今思い出してもヨダレが‥。
いつもの小食が珍しく、皿を抱えて味わう父。親父、人生まだまだこれからだぜぃ!
posted by 葵家 金太郎 at 20:48| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

決断。

060423_1312~0001_0001.jpg

すっかりご無沙汰しました。この間、決断せねばならぬことがあり、気がつけば時間が過ぎて‥。
柏崎の地震で家を無くした両親のために、金沢に安住の地を用意しました。
という訳で、金沢の皆さん!両親がこれからお世話になります。宜しければ力になって下さい。
posted by 葵家 金太郎 at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

卒業証書。

070912_2146~01_0001_0001.jpg

本日、神田和泉屋さんのアルコール中学(略してアル中‥)を卒業しました〜!
来月からはアル高へ進学です!(何じゃそりゃ‥(^-^)b
posted by 葵家 金太郎 at 23:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

人間至るところ青山あり。

この週末も、木更津の両親を訪ねました。三年前の地震で家を無くし、弟の住むこの地に移った両親。しかし、弟は今春、仕事の関係で離れてしまい、両親だけが残ってしまいました。こうして、はや半年、私は両親のために安住の地、ついのすみかを探し続けています。そう、私にとっても大切な場所‥両親の住む地は私の故郷となるから。
posted by 葵家 金太郎 at 23:02| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

立ち去る男。

NoName_0001.jpg

今朝早く目が覚めてTVをつけたら、懐かしい‥「ローマの休日」です。
それにしても、オードリー・ヘプバーンは可愛いなぁ‥。有名な「真実の口」のシーンで、グレゴリー・ペックがヘプバーンに黙って、まるで本当に手が挟まれたように図ったらしいのですが、そうとは知らず驚くヘプバーンは自然で、微笑ましいです。
でも、私が最も好きなのは‥やはりラストシーンです。永遠に続く、たった一日の恋。ついに記者会見が終わり、やがて誰も居なくなった宮殿を、両手をズボンに入れ、コツコツと靴を鳴らしながら、一人歩き続けるグレゴリー・ペック‥。
溢れる想いを胸にしまって立ち去る姿は、何度観ても心を締め付けます。
という訳で‥結局、最後まで観てしまいました〜(トホホ‥)あ〜、眠い!
posted by 葵家 金太郎 at 16:53| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

おわら風の盆。

070902_0204~01_0001_0001.jpg070902_0209~01_0001_0001.jpg070902_0206~01_0001.jpg

柏崎ICから北陸自動車道で金沢へ。今回の旅のもう一つの目的‥それは、念願だった富山・八尾の「おわら風の盆」です。
毎年9月1日から3日にかけて行われる「おわら風の盆」。涼しげな揃いの浴衣に、編笠の間から少し顔を覗かせ、哀愁漂う胡弓の音に合わせて町中を踊ります。家並みに沿ってぼんぼりの淡い灯が並ぶ、幻想的な夜‥。
さらに今回は、おなじみの金沢・尾張町の料理旅館「まつ本」さんに宿泊。これまた念願の蔵のお座敷です。
ばんちゃんと一緒に「松光庵」で賑やかな夕食を終え、一眠りすると、松本さんの車で八尾へ。観光客が帰った後の町はまるで夢の世界に迷い込んだみたい‥。
思い出に残る、素晴らしい夜でした。朝食も美味しかったです。松本さん、有難うございました!
posted by 葵家 金太郎 at 18:49| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

柏崎へ。

070901_1232~01_0001_0001.jpg070901_1241~01_0001_0001.jpg

愛車で訪ねたかったのは‥生まれ故郷、新潟・柏崎。関越自動車道、小千谷ICを降りると一路、父方の実家へ。生後間もなく亡くなった姉と、祖父母の墓参りを致しました。
小高い山にある静かな墓地。久方ぶりの非礼を詫びながら、花を飾り、線香を灯し、じっと手を合わせました。遅くなって、ごめんなさい‥。
まだあちこちに、ビニールシートで屋根を覆ったままの家が残り、地震の傷跡に心が痛みます。ただ、私にとっては心残りであった墓参りが叶う、心の安らぎを得た旅でもありました。
posted by 葵家 金太郎 at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。